ワードプレスのプラグインAcunetix WP Securityの日本語化ファイルの配布

WordPressの脆弱性を見つけセキュリティ対策ができるプラグインの一つである”Acunetix WP Security”の日本語化フィルの配布を致します。 これが最初の翻訳で、PHPも十分に理解していませんし翻訳のプロではありませんが、大部分(80%?)の翻訳をしましたのでここに配布をして皆様の意見や感想をいただきたいと思います(老人のボケ防止に最適でした)。

本体の変更部分は下記です。

・翻訳ファイルのmoファイル読み込みスクリプトをwp-security-scan\index.phpに追加。

function Tdomain() {
load_plugin_textdomain(wp-security-scan’, false, basename(dirname(__FILE__)).’/res/languages/’);
}

if ( function_exists(‘load_plugin_textdomain’) ) {
add_action( ‘plugins_loaded’, ‘Tdomain‘ );
}

・moファイル名の指定を変更(wp-security-scan\wss-settings.php)。

const TEXT_DOMAIN = ‘WSDWP_SECURITY';を const TEXT_DOMAIN = ‘wp-security-scan';に変更。

・スクリプト内にて翻訳箇所を指定する”__(‘翻訳文字列’,WpsSettings::TEXT_DOMAIN))”を追加。 多分バージョン4に更新した時以降は多言語化の対応を意識せずスクリプトを書いている為に、Poeditでは自動で翻訳箇所が取得出来ない部分があったと思います。

機能に関するスクリプトは一切変更しておりません。

今後のバージョンアップ時の対応の為にも、来年早々にも Acunetix社に連絡して翻訳箇所を明確にスクリプトに明示して世界中の方が簡単に翻訳出来る様にお願いしたいと思っています。

ダウンロードしたZIPファイルは解凍してwp-security-scanフォルダをクリックするとさらにwp-security-scanフォルダが現れますのでこのフォルダまるごとをwp-content\pluginsのフォルダーにアップロードしてこのプラグインを有効化して下さい。 このプラグインの日本語化ファイルを使用する場合は、自己責任でお願いします。

ダウンロード Acunetix WP Security 4.0.3用日本語化ファイル(ZIP ファイル)

下記のWordPressのプラグインフォーラムにて開発者にお願いしておりましたが十ヶ月も返答もないので新しいバージョンの日本語化を諦めました。

https://wordpress.org/support/topic/internationalization-6

2014年11月23日

現状の問題?

最新の”WordPress 3.8” で最新の”Acunetix WP Security 4.0.3(英語のオリジナルファイル)”を使うとサイトのスキャンが失敗します(私が試したところ)。
しかし、”WordPress 3.7.1”で使うとサイトのスキャンに問題は有りません。
パーミッションの最適化で推奨されるパーミッションを適用のボタンをクリックしても何も起こらない(手動で変更してただ確認するだけの機能?)。又、データベースの接頭辞を変更する為の命令リンクがないので何も出来ない(間違っていれば御免なさい)。

ダッシュボードの画面設定の画面

 

ワードプレスのプラグインAcunetix WP Securityの日本語化ファイルの配布」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Kazuo39 on "[Plugin: Acunetix WP Security] Internationalization" | Wordpress Problems & Erros - How to fix

  2. ピンバック: WordPress[Acunetix WP Security] 基本的なセキュリティー対策と脆弱性対策 | dmgadget(ディーエムガジェット)

  3. ピンバック: 【WP】のデータベース 接頭辞を変更する方法 Acunetix WP Security | Beyond

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>